水道水の水質に不安がある場合は、浄水器がその問題を解決してくれる場合がありますが、そのためにはその問題に対処できる種類のものを選ぶ必要があります。据え置き型のものは、キッチンに取り付けられている蛇口の近くに本体を設置して利用するタイプのものになります。蛇口直結型のものと比較すると、本体に大きさがあり、設置するためのスペースがキッチンに必要となります。据え置き型の値段は金額に幅があり、数万円ぐらいで買うことができるものから20万円を超えるものまであり、水道水を浄水できる能力などに応じて値段に差が出てくることが少なくありません。

ビルトイン型の場合は、本体をシンクの下に設置するタイプの浄水器となっていて、サイズや、水道水を浄化できる性能は据え置き型のタイプと違いがありません。蛇口直結型のタイプと同じ様に、キッチンに本体を設置するためのスペースを確保する必要がないので、蛇口直結型と、据え置き型のメリットをどちらも得ることができるタイプであるということができます。ただし、ビルトイン型専用に使う蛇口を設置する必要があるので取り付けるための工事をする必要があるため、気軽には取り付けることができないというデメリットがあります。手軽に利用することができるものとしては、ポット型のものがあったり、他にはシャワーに設置するタイプのもの、持ち運びができるものなどもあります。

自分の状況や、使い道に応じて、最も合っている種類の浄水器を購入する必要があります。