過払い金についての基礎知識 - 任意整理で過払いを取り返すメリット

過払い金についての基礎知識

subpage01

近年、法律事務所などのコマーシャルで過払い金返還請求というセリフをよく耳にするようになっていますが、過払い金とは一体、何なのか詳しく知っているという人は思いのほか少ないのではないでしょうか。


過払い金とは簡単に説明すると消費者が貸金業者に支払い続けてきた余分な利息のことで、本来であれば消費者は支払わずに済むはずのお金の事を指します。消費者金融や流通系、信販系のクレジット会社などは貸金業に分類されている業種ですが、これらの業種に属している業者は利息制限法によって金利の上限が規制されています。
つまり、貸金業者は消費者に対して融資を行う際にはこの利息制限法で定められている金利の上限を超えての利息の請求はしてはならないことになっているのです。

セゾンの過払いの専門サイトのこちらです。

しかし、この利息制限法には抜け道があり、違反した業者に対しての罰則はありません。
そのため、貸金業者の一部ではこの利息制限法で定められている金利の上限を超えた利息を消費者に対して請求してきたという事実があります。



その結果、貸金業者からの借入金の返済時には支払ったお金が先に利息に充てられてしまい、なかなか元金が減ってくれないため返済を終えることができないという事態となりました。



しかし、過払い金というものは消費者は本来であれば支払う必要のない利息であるので、司法書士や弁護士へ依頼をすることによって支払い過ぎてしまった利息は取り戻すことができます。また、過払い金返還請求は個人でも手続きをすることが可能なので身に覚えがあるという人はまず、法律事務所などの無料相談へ足を運んでみるようにしましょう。