任意整理で過払いを取り返すメリット

subpage01

任意整理によって過払い金を取り返すメリットは多くありますが、そのメリットの中でも一番大きなものは任意整理を使うことに本来存在するリスクが存在しないという理由が挙げられます。

消費者は、貸金業者からお金を借りるときに貸金業者の審査で信用情報という情報を調べられることになります。信用情報は、各々の消費者の借金の情報を詳細に記録した媒体ですのでこの情報を閲覧すると消費者が今までどのような借金をしてきたのかが一目瞭然でわかるのです。

しかも、借金返済の際に債務整理を使ったときにはその情報も記載されますので、任意整理などを利用するとその情報が信用情報に記載されて他の貸金業者でお金を借りることができなくなったりクレジットカードを作れなくなったりするリスクが生じます。

セゾンの過払いの最新情報を掲載しました。

しかし、過払い金の返還請求をする際に任意整理を使うときには例外的に信用情報に記載されないのです。



これは行政から告示されている事実で、任意整理を使うことによる消費者のデメリットが存在しないようになっています。



なぜこれほどの優遇処置がとられているのでしょうか。


それは、過払い金の発生原因が消費者には存在せず、ほとんどの場合で貸金業者にその原因があるからです。

貸金業者の融資から生まれる過払い金の問題はごく一部の例外だけを除いて貸金業者が設定する上限金利の間違った設定によって生じる問題であることが既にわかっていますので、任意整理を使っても消費者に責任はないわけです。