ガラスコーティングで冷暖房費の節約

ガラスコーティングという言葉を耳にすることはあまりないかも知れません。家の壁や屋根に断熱材を使用しているお宅はたくさんあるんですが、家の窓に断熱材を使用することはできません。この「窓の断熱材」の代わりをするのが、「ガラスコーティング」です。屋根や壁と比較して、窓はガラスを用いることが多いので、どうしてもガラスが太陽の熱を吸収してしまい、夏はかなり高温になります。

ガラスコーティングをした部屋と、していない部屋では室内温度が30%以上差が出ることがあります。特に夏の冷房効率には大きな差が出ます。昔の家は、すだれをかけたりして、直射日光を遮る工夫をすることが多かったのですが、汚れやすかったり、風で飛ばされたりと管理も大変で、今はあまり見かけない光景となってしまいました。窓ガラス自体に熱を持たせないような工夫をしたものもありますが、どうしても高価になってしまいます。

仮に、自分の家の窓を遮熱ガラスに変えるとすると、窓枠自体も変えたりする必要があり、予算的に高くなりますし、費用対効果の面から見てもあまりお勧めできません。その点、ガラス自体を変えるのではなく、ガラスをコーティングすることで、遮熱作用を持たせ、工期も短縮することができ、しかも安価に済ませることができる、まさに「一石二鳥」です。まだ、ガラスコーティング自体がメジャーではありませんが、自動車の窓にフィルムを貼る感覚と同じように考えれば、納得がいくと思います。これから夏はどんどん気温も上がってきます。

光熱費の節約にもつながるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*