今は昔と違って水を買う時代になってきました。昔は、家に井戸がある家もあって、井戸水を生活に使ったり、飲用として飲んだりもしていました。日本は海外の国と違って、水道水が飲める国で、地方ではすごく美味しい水が飲めたりもします。日本の都会の街では水道水は飲めなくはないけれどあまり美味しくはなく、料理に使っても美味しくならなかったりする場合、浄水器を取りつけたり、ペットボトルの水をスーパーで買ったりして飲んでる人もいます。

そこまで不味くはないけれど、ペットボトルの水や浄水器の水を飲んだ方が美味しいからといった理由で水を買ってる人もいます。浄水器は家庭の水道に取り付けるだけなので、簡単だし、水道水よりも美味しい水が飲めます。一度、この味を知ってしまったらもう水道水は飲めないかもしれません。外国と違って、全く水道水が飲めないというわけではないので、浄水器を取り付けたり、水を買ったりするのは個人の自由です。

今、だいぶ、水を買うこと、というのは普及してきていますが、日本人の舌が肥えてきたというか、美味しい水を飲みたいという嗜好から来ているのかもしれません。そこまで美味しい水にこだわらない、水道水でそこそこ満足している、という人は普通に水道水を飲んでいます。世界でも水道水が飲める国というのはわずからしく、日本はそのわずかの国であり、水に関しては恵まれていると思われます。それでも更に、美味しい水を求めるという、贅沢といえばそうなのかもしれません。