最近はちょっとした水の汚れも許せないという人が多くなっています。各家庭の地下にある水道管は、数年も経てばかなり劣化してしまうものです。水道管の劣化があっても、水道水の水質は飲めるレベルを逸脱しないのですが、敏感な人には分かる程度の苦味や臭みが残ってしまいます。毎年水道管を新品にするのは物理的にも経済的にも難しいので、こういった問題を解決する一つの方法としてウォーターサーバーを導入する家庭が多いです。

ウォーターサーバーなら、コンビニ等でペットボトルの水を買ってくる手間が省けます。水はきれいな状態のものが毎月宅配されるので、いつでも新鮮な水を使うことが可能です。女性やお年寄りは、大量の水を買って自宅に持ち帰るだけでも大変ですから、ウォーターサーバーへの関心も高い傾向にあります。ウォーターサーバー本体はわざわざ購入しなくても、レンタルで行けます。

レンタル料が無料という会社が多い理由としては、毎月水を購入してくれるのならそこから利益を出せるという計算があります。いわゆる携帯本体が無料になって、通話料で利益を出すスタイルと似ています。500ミリリットル換算で50円程度の値段しかかからないものもあり、コストパフォーマンスは最高レベルです。これ以上安くてきれいな水を飲みたいなら、もはや清流が湧いている田舎に引っ越すぐらいしか方法はないでしょう。

関東では原発事故の心配もまだ残っているので、安全な水を安く購入できるウォーターサーバーが普及するのは当然のことです。