ウォーターサーバーとは、専用のボトルをセットするだけで24時間いつでも冷水•温水を利用できる給水給湯装置です。ボトルをセットし一定の水量が貯水タンクに入り、貯水タンクの水量が減ってくると自動的にボトルの水が流れ込む仕組みが一般的です。ウォーターサーバーと水道水を比較すると主に2つのメリットがあります。1つ目は衛生面が優れていることです。

ボトル内の水は使われるまで空気に触れることはないので、細菌などの微生物が少ないです。お年寄りや小さな子どもは免疫力が低いため感染症にかかりやすいです。そのため、そのような人たちがいる自宅や施設で使われることが多いです。一方、水道水の場合は不純物や微生物が多く含まれているため、取り除くには浄水器を取り付ける必要があります。

2つ目は自分好みの水を選ぶことができることです。メーカーごとに採水地や成分が違うため、味や効果がそれぞれです。当たり前のことですが、水道水は自分好みのものを選ぶことができません。ウォーターサーバーは自宅や会社はもちろん、病院など様々な場所で設置されています。

ウォーターサーバーの家庭での設置数は近年増えてきています。それに伴い、おしゃれなデザインのものまで誕生しています。複数の色があり、設置する際に部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。このように、水道水に比べてメリットが大きいウォーターサーバーですがこれからますます需要が増えるでしょう。