帰宅した後は家庭のWifi回線に接続するのがお得

携帯電話回線の利点は、いつでもどこでもインターネットが使える点です。

大手キャリアは、日本列島の各町にアンテナを設置しています。都市部は勿論、自然豊かなリゾート地や比較的人口が少ない郊外の町でも、電波状況は良好です。一方で携帯電話回線の欠点として挙げられるのが、通信制限のリスクです。キャリアで契約したスマートフォンやタブレット端末など、そういったデバイスで長時間動画再生をしたり、オンラインゲームを満喫すると、通信制限が掛かりやすいです。

ひとたび通信に制限が掛かると、ネットのスピードが著しく減退します。また契約条件によっては通信量の増加に伴い、通信料金が極端に膨らむリスクもあります。通信制限や高額料金の発生などの危険を回避したい、そんな時はWifi回線を使うのがオススメです。自宅にワイヤレスルーターが設置されていれば、Wifi回線への乗り換えは容易です。

現行主流のタブレットやスマートフォンはWifi回線接続に対応しており、切り替えはほんの少しの手間で済みます。外出先では今まで通り携帯電話回線に接続し、帰宅した後、部屋のワイヤレスルーターに接続先を変更すればOKです。家族みんなで、この習慣をつける事で家計全体の通信費の節約が達成出来ます。プロバイダー側の通信費は、通信量によって増える心配はありません。携帯電話回線よりも一般的にWifi回線の方が通信速度と安定性が良いのも、魅力的なポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *