無線LANルーターを買う際の比較箇所

無線LANルーターはケーブルを使わずにインターネットをする時や、スマートフォンやゲーム機でインターネットに繋げる時に必要になります。

ルーターの中にはあまり性能が良くない物もありますので、様々な商品の中からきちんと比較をして、自分に合っている商品や性能の良い商品を購入する必要があります。そうしなければ、快適な無線LANでインターネットが出来なくなるのです。そうならない為にも、きちんと時間をかけて買う商品を決めましょう。比較箇所は簡単に分けると、使用する端末数と使用人数。通信規格と周波数帯が重要な比較箇所となります。

もちろん値段もありますので、そこは自分の財布と相談して決めていきましょう。使用する人数が多い世帯の場合は、アンテナ数が多い方が良いでしょう。アンテナ数が少ないと、同時に使用する数が多いと限界が来てしまい、例えば同時に6人ぐらいで使うとあまり速度が出ないという事もあります。ワンルームで一人暮らしの場合はあまり気にしなくても良いでしょう。通信規格と周波数帯は、通信速度と電波が届く範囲に関わってきます。

通信規格は11acや11nと書かれている部分です。これは基本的に最新の物を使うだけで良いでしょう。周波数帯の方が重要で、こちらは障害物への強さや通信速度に大きく関わってきますので、無線LANを選ぶ際にはまず通信規格と周波数帯を見て判断した方が良いのではないでしょうか。現在の周波数帯には5GHzと2.4GHzがあり、より通信速度を速くしたいならば5GHzがおすすめで、壁を超えたり広い範囲で使うならば2.4GHzがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *