無線LANの速度を遅くしている原因とは

最近は家庭でインターネットに接続する際に光回線ではなく、無線式のホームルーターやモバイルWifiを利用する人が増えています。

モバイル端末やノートPCはLANケーブルをつなぐ必要がなく、無線LANで簡単にネットに接続ができるというメリットがあります。ホームルーターを使用すると、通信速度が遅くなるケースがあります。利用者が多いなどのように元の回線が原因の場合もありますが、家庭内でWifi接続をする方法に問題があるケースも少なくありません。無線LANの速度が遅いと感じた場合は、いくつかの点をチェックしてみることをおすすめします。

親機と子機との間に壁などの障害物があると電波が減衰して、回線速度が低下する恐れがあります。壁やドアに仕切られていても信号は伝わりますが、電波の強度が弱くなるということを理解しておきましょう。家電製品から発生する電磁ノイズが原因で、無線LANの速度が低下するケースも少なくありません。Wifiの親機を設置する場合や、強力な電波を使用する電子レンジや大電力を消費する家電製品の近くに置かないように注意しましょう。

意外と盲点なのは、水回りに親機や子機を設置しているケースです。水は電波を吸収しやすいという性質があることから、電子レンジは電磁波で水を含む食品を加熱します。Wifiで使用する周波数は2.5GHzで、電子レンジで使用する電磁波(2.4GHz)とほぼ同じです。そのため、無線LANルーターの周囲にある水が原因で電波が減衰してネットの通信速度が遅くなってしまうケースが少なくありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *