無線LANの速度が変わる理由

無線LANの速度は、どの会社のものでも同じというわけではありません。

それぞれ違いがあるため、同じ場所で通信時に使用しても速さは微妙に変わってきます。少しでも速いものがいいというのであれば、設備投資にお金をかけているところを選ぶことです。設備が十分に整っていないと、ユーザーが集中した時に混雑が起こり遅くなってしまいます。一定の区域内に余裕のある基地局を持っているところであれば、混雑時でもそれほど遅くなると感じることはないでしょう。都市部では周辺の状況によっても無線LANの速度が変わってきます。

無線では電波を使って通信を行っているため、それが届きにくい場所にいるとどうしても遅くなってしまいます。例えば地下鉄の中では電波の届きにくいため、地上に比べると一般に遅いと言われています。最近は地下鉄の中にも基地局を増設している企業が多くなり、そうしたところと契約すれば安定した通信が期待できます。

都市部によくあるビルの谷間でも遅くなりがちです。ビルが乱立しているため電波が届きにくくなり、こうした現象を起こすためです。さらにコンクリートは電波を反射する性質があるため、場所によってはその影響を受けて遅くなることもあります。こうした場合には一旦その場所を抜け出し、違うところから通信することをお勧めします。開けている地域でも、人混みの中では無線LANの速度も変化します。例えば花火大会の時に繋がりにくくなるのはその良い例です。この場合でも、場所を変えることで改善できるので試してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *