ルーターの場所を変えて無線LANの速度改善を試みる

ノートパソコンやスマートフォンを使用していると、急に無線LANの速度が遅くなったと感じるときがあります。

無線LANの速度を計測してみて体感通りにスピードが遅い結果が出た場合、改善につなげられる方法の一つがルーターの設置場所を変えることです。まずは周りにモノが置かれておらず、ある程度広い空間にルーターを移動させてみましょう。これだけで無線LANの速度が十分に出るようになれば、設置場所が良くなかったのが原因であることがほぼ確定します。ルーターの設置場所を変えるだけで無線LANの速度に違いがあらわれることはよくあります。電波は距離が長くなればなるほど届きにくくなり、データの送受信がうまくできなくなる可能性が高くなります。

また、近くにルーターを置いていても、周りに障害物が多いと電波が遮断されやすいです。壁や家具に囲まれた場所や、鉄やコンクリートなどといった電波を通しにくい、あるいは吸収する性質がある物質の周りにルーターを置くと、通信品質が落ちる場合があります。無線通信に関しては、別の機器との干渉がスピード低下を引き起こしていることも少なくありません。現在の無線通信では主に2.4GHz帯と5Ghz帯の2つの周波数帯が使用されていますが、このうち2.4GHz帯については電子レンジや電話機、Bluetooth対応の機器による干渉を受けやすく、これらの近くにルーターを置くと通信品質が低下しやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *