適切な無線LAN機器の選び方とは

プロバイダーの価格競争と光ファイバーネットワークの整備により、高速大容量の通信が安価に利用できるようになり、屋外では4Gネットワークを用いたスマートフォンにより、屋内ではブロードバンドルーターと無線LANによるインターネット接続がなされています。

無線LANは、電波の周波数により2.4GHzと5GHzとに分類されます。2.4GHz帯の製品は比較的早い時期に発売されたため手ごろな価格でLAN構築ができ、多くの人が適切な選び方と採用していました。しかしながら、マンションやアパートなどの集合住宅であったり住宅が密集している地域では、電波干渉が起こってしまい安定した通信ができなくなることが多発しました。

後発規格である5GHz電波を用いた機種では、帯域に余裕があるため混信したり速度低下が発生することがないため、現在での最適な選び方になりました。無線LANでは通信の安定に加えて、インターネットを通した商取引でのセキュリティについても考慮する必要があります。セキュリティを高めるための、信号暗号化としてWEPやWPAやWPA2などの規格が提唱されました。WEPは容易に傍受されてしまうため、WEP以外の暗号方法を用いた機器を採用すべきであります。

広い部屋や複数にまたがった部屋で無線LANを利用する場合、1台の機器では電波を隅々まで到達させることは難しいため、高出力機器やアクセスポイントや中継器を導入すると到達エリア拡大が実現できます。無線LAN機器の適切な選び方は、5GHz帯域で通信ができて、高出力かつ高いセキュリティを持った製品であることです。常時通電が必要な機器でもありますので、消費電力の小さい機種や、一定期間通信がない場合に省電力状態に移行が可能な機種も発売されていて人気があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *