無線LANの適切な選び方について

インターネットの普及により私たちの生活は大きく変わりました。

検索エンジンによる検索や商取引や金融取引、メールやSNSなどインターネットから受ける恩恵は数多くあります。情報伝達の通信技術の進歩は普及に欠かすことができず、光ファイバーを用いた高速大容量の通信網の整備、プロバイダーによる価格と品質の競争、スマートホンやタブレットの高性能化と低価格化も後押しをしています。

利用者は、高性能なものを低価格で入手するための選び方が重要になります。屋外での通信は4Gによる携帯電話会社回線網により、屋内では家庭のLANによるインターネット接続が多く見られます。屋外通信では、さらに大容量の5G回線の整備が進んでいます。家庭内でのLAN構築は有線が主流でありましたが、スマートホンやタブレットの普及により無線LANを採用する人が多くなっています。無線LANの方式にはさまざまあって、選び方によって高速通信ネットワークの恩恵にあやかれるかが決まると言っても過言ではありません。

家屋が密集していたマンションなどの集合住宅においては無線LAN機器の乱立によって混信が発生してしまい、通信の速度低下が起こります。解決策としては、従来からの方式である2.4GHz帯域の電波を用いるのでなく、混信にも強い5GHz帯域の電波を用いた製品を採用すると混信したり速度低下を起こすことがなくなります。加えて、より適切となる通信規格の選び方としては、伝送方式を従来からのIEEE802.11bやIEEE802.11g規格ではなく、11nや11ac規格が用いられた機器にすると、高速通信を安定して行うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *