無線LANルーターの選び方で押さえるべきポイント

近年は家庭用のネットワーク機器が普及し、オフィスだけでなく一般の家庭でも手軽にLANが構築できるようになりました。

中でもスマホやタブレットを簡単にインターネットに接続できる無線LANルーターの登場は、これまでパソコンが苦手でインターネットの利用に消極的だった人たちの生活を変化させています。ただ、自分で無線LANルーターを購入するとなるとどういう選び方をすれば良いかわからない人もいます。一見、難しく思えますがいくつかのポイントを押さえれば自分にあった無線LANルーターが見つかります。

初心者がまず混乱するのが通信規格の選び方ではないでしょうか。これには、11adや11n/11b/11g/11aなどがありますが11acを選んでおけば大丈夫です。11acは電波の干渉を受けにくく5GHzの周波数帯を使っているので高速で安定した通信が可能です。次に注目したいポイントは、自動接続機能です。これは、自宅の回線とスマホやタブレットなどに関する設定を自動で行なってくれる機能で、数値や記号を手入力して設定する必要がありません。世界標準のWPSやスマホ・パソコン等対応機種の多いAOSS2などいろいろな種類があるので、自分が所有している端末に対応したものを選びましょう。

電波が届く範囲と同時接続人数についても確認しておくのが良いでしょう。選び方は簡単で、最近はパッケージなどにもわかりやすく3LDKや2階建てのように住居のタイプと利用人数が例示されているので、これらの情報を目安にします。1人暮らしや1世帯で使用するにはそれほど意識することはありませんが、集合住宅など多人数で使う場合は注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *