適切な無線LAN機器の選び方について

パソコンの低価格化により、オフィスはもちろんのこと家庭でも普及が進んできましたが、スマートホンの普及によりネット接続や各種の商取引をスマートホンで行う人が増加しています。

携帯電話会社による高速通信ネットワークの整備と、光ファイバーネットワークの通信会社による整備と、スマートホン開発会社における技術開発は、こうした移行に貢献しています。携帯電話会社と契約を結んでいても、屋内での通信を公衆無線LANや自宅の光ファイバーによるブロードバンドルーター経由の無線LANで行っている人がほとんどです。

ウェブに上げられる動画は高精細化が進んでいるため、サイズは巨大化し続けています。このような大容量ファイルの送受信には、ブロードバンドルーター以降の機器、特に無線LANの選び方に注目すべきであります。無線LANにはいろいろな規格がありますが、大容量ファイルを高速で安定して送受信するためには、伝送方式と周波数と暗号方法に注視した選び方が重要です。

伝送方式ではIEEE802規格のうち、11nまたは11acの規格を採用していて、周波数では5GHz帯域の電波の利用ができる機器で、暗号化にWPAやWPA2などを用いた機器であることが適切な選び方です。こうした規格の製品を導入すれば、大型の住宅や集合住宅であっても大容量ファイルを安定して高速で安定してしかも傍受されずに送受信することが可能となります。機器の価格はメーカー間の競争が激しいこともあって、比較的新しい製品であっても手ごろな価格にて購入することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *